「マイナンバー制度」がはじまります!

こんにちは、スタッフの錦見です
12月に入り、一気に冬らしくなってきました。今年は暖冬とのニュースを耳にしましたが、それを感じさせない寒い日が続いていますね。急な冷え込みで、風邪などひかれませんようお気をつけ下さい

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、いよいよ来年1月から「マイナンバー制度」が始まります。
既にご自宅に通知カードが届いた、という方も多いのではないでしょうか。
通知カードの下部分には「個人番号カード」の申込用紙が付いており、
同封の封筒で申し込むことができます。
通知カードだけでは会社さんが確認する際に
本人の免許証などの本人確認の書類が必要となりますので、
従業員さんにはできる限り「個人番号カード」を申し込んでもらうようにしましょう。

今回はマイナンバーについて、よくあるご質問にお答えします。

Q1.マイナンバーはいつまでに取得すれば良い?

A1.マイナンバーは書類の提出が必要な段階で取得できていれば良いので、
来年1月の段階ですぐに従業員さん全員分のマイナンバーが必要な訳ではありません。
1月以降、源泉徴収票の発行が必要な場合や雇用保険の手続きが必要な場合などには
マイナンバーを記載する必要があるため、
対象となる方については早めに取得できるように準備しておきましょう。

Q2.従業員さんにマイナンバーの提出を拒否されたら?

A2.書類へのマイナンバーの記載は義務のため、重ねて提出を従業員さんにお願いしてください。
それでも提出してもらえない場合は、その経過の記録があれば
マイナンバーを記載しないまま書類を提出することもできるようです。

Q3.過失によりマイナンバーが漏えいしてしまったら?

A3.過失による漏えいの場合には、いきなり罰則ということはありません。
ただし、管理がずさんであるなどの問題があると、役所などから指導を受ける場合があります。
それとは別に民事上の問題や企業イメージの低下などのリスクもありますので、
マイナンバーの管理には十分注意しましょう。

いかがでしたか?何かとわかりにくい点も多い「マイナンバー制度」ですが
しっかりと制度を理解すればそれほど不安に思う必要はありません。
あわてて対応しなくても良いように、できることから準備していきましょう