「障害者雇用ファースト・ステップ奨励金」のご紹介


スタッフの河相です。お盆休みが終わり、今日からまた仕事。
連休明けの1週間って、とっても長く感じますよね。
暑さに負けないよう、今週もがんばっていきたいと思います!
yakei.jpg
[比叡山にて。山頂から望む琵琶湖の風景は格別です。]
さて、早速ですが本題に入らせていただきます。
皆様、一定規模以上の会社では障害者雇用の義務があるのはご存知でしょうか。
今、「知らなーい」と言われた方、ここからの記事は是非ご一読ください。
===========================================
現在、日本では“障害者雇用促進法”という法律に基づいて、
従業員数が56人以上の会社では、従業員数の1.8%以上の障害者を
雇用しなければならないものとされています。
★たとえば120人の会社では・・・
  120×1.8%=2.16→2人 の雇用義務あり(1人未満は切捨)  といった計算になります。
この人数を満たしていない場合、不足1人あたり月5万円の罰金、
逆に多く達成している場合には1人あたり月2.7万円の報奨金といった制度まであります。
罰金・報奨金に関しては現状300人以下の従業員数の会社の場合には
徴収・支給されないことになっていますが、これは暫定的な措置であり
今後はもっと人数の少ない会社にも罰金等が適用されることが既に決まっています。
障害者の方の雇用について真剣に考えないといけない時代になってきているのです。
===========================================
そこで!ご紹介したいのが、「障害者雇用ファースト・ステップ奨励金」という助成金!
要件を簡単に説明しますと、下記の通りです。
(この他にも条件はあります。詳細は当事務所まで。)
 ① 過去3年間において、障害者を雇用したことがない。
 ② 従業員数が56人~300人規模の会社であること。  
 ③ ハローワークからの紹介により、障害者の方を雇い入れたこと。  
   (平成21年2月6日以降の雇い入れに限る)
そして、支給金額は100万円です。 ※最初の1人だけが対象です。
障害者の方を雇わず、罰金を払わなければならなくなるのでしたら、
先手を打って雇用、助成金ももらってみるというのはいかがでしょうか?
障害者の方をハローワーク経由で雇い入れた場合、この他にも
「トライアル雇用助成金」や「特定求職者雇用開発助成金」などの助成金があります。
利用してみたいと思われる会社様、是非1度当事務所までご相談ください。
☆スガハラ社会保険労務士事務所
  TEL 06(6627)1117
  ホームページ http://www.slm-if.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。